美容

気になる角質や角栓の原因とは?効果的な角質・角栓の取り方も紹介!

肌に気付くと溜まっている角質や、鼻にいちごのようにプツプツとできてしまう角栓は、見る度に気分を下げてしまいます。

こういった角質や角栓は一体なぜ肌や毛穴に溜まってしまうのでしょうか。また、溜まってしまった角質や角栓は一体どのようにして対処すればよいのでしょうか。

ここでは、角質や角栓ができてしまう原因と、それらの効果的な取り方、また角質や角栓をためないための予防対策について紹介します。

 

角質・角栓ができる原因とは

角質の原因

角質はそもそも肌のバリア機能を保つためには必要不可欠なものです。しかし、様々な原因によって古い角質が排出されずに肌に滞ってしまうことで、来るずんだり、肌を硬くしたりしてしまうのです。このように角質が分厚く重なってしまった状態のことを「角質」と呼んでいるため、必要な角質までも不必要なものとされがちです。

角質が溜まってしまう原因としては、新陳代謝の低下、皮脂の過剰分泌、乾燥、メイクの落とし残しなどが挙げられます。

肌はもともと新陳代謝を繰り返して、正常であれば28日程度で生まれ変わっています。この新陳代謝のことをターンオーバーと言います。このターンオーバーによって古い角質は落ちていくのですが、リズムが崩れてしまうことで古い角質を排出できず、肌表面に溜まってしまうのです。

また、皮脂の過剰分泌は、酸化した皮脂が肌に癒着してしまい、角質が溜まりやすくなってしまいます。肌のターンオーバーが乱れると古い角質がうまく排出しきれなくなってしまい、乾燥などの肌トラブルを招くこともあります。

このように角質が溜まっていると一言でいっても、原因は様々あります。

 

角栓の原因

肌に残った古い角質は、肌表面だけでなく毛穴に詰まることがあります。このように毛穴に詰まってしまった状態のことを角栓と呼びます。角栓んが出来てしまう原因としては、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れ、古い角質や老廃物の蓄積、毛穴の開きなどが挙げられます。

鼻などにできてしまう黒いブツブツは角栓によるもので、様々な原因によって皮脂や角質が毛穴に詰まってしまうことによって起こってしまいます。毛穴の詰まりはメイクの落とし残しによっても起こってしまう場合があることから、クレンジングや洗顔は丁寧に行うようにしましょう。

 

角質や角栓が発生しやすいタイプとは

角質や角栓の原因となるターンオーバーの遅れや皮脂の過剰分泌などの肌トラブルは、ストレスの蓄積や生活リズムの乱れ、食生活の偏り、睡眠不足、生理不順などの生活習慣の乱れによって発生してしまいます。

ストレスは万病のもとといわれるように、ストレスは肌の健康状態にも影響します。また、ストレスが溜まってしまうとホルモンバランスが乱れて皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。ストレスは睡眠不足の原因ともなってしまい、肌の生まれ変わりを妨げて新陳代謝を低下させてしまいます。ストレスを感じている方は、その要因を避ける、解消法を見つけるなど、ストレスをためない生活を心がけることが大切です。

また、生活リズムの乱れや偏った食生活によってもターンオーバーやホルモンバランスの乱れは起こってしまうため、生活習慣を整えるようにしましょう。

 

角質・角栓の効果的な取り方

角質の取り方

角栓をためないようにするには、毎日のケアが非常に重要です。角質をためないために最も重要なのは、毎日の洗顔です。洗顔は毎日行うもののため、誤った方法で続けてしまうと角質が溜まる原因になってしまいます。洗顔をする際には、自分の肌質に合ったクレンジング剤や洗顔料を使用する、洗顔料は泡をしっかりと立てる、ゴシゴシとこすらない、37~38℃のぬるま湯で洗うなどに注意しましょう。

クレンジング剤は、自信のメイクの濃さや肌質によって洗浄力を選ぶようにしましょう。ナチュラルメイクの方は、ミルクタイプやウォータータイプのものを、メイクが濃い方はオイルタイプなど洗浄力の高いものを選ぶようにしましょう。

また、洗顔料も同様に肌質に合わせて選ぶようにしましょう。乾燥肌の方は、保湿効果が高いものを、脂性肌の方は皮脂をさっぱりと洗い流してくれるものを選ぶようにしましょう。

洗顔は泡をしっかりと立ててから肌に乗せて洗うことが大切です。それによって余計な刺激を肌に与えることなく、不要な皮脂や角質を落とすことができます。

また、洗顔以外にもピーリングやクレイパック、洗顔前の蒸しタオルなども角質予防にはおすすめです。ピーリングやクレイパックは古い角質を除去してくれる働きを持ち、肌の新陳代謝を促進してくれます。また、蒸しタオルは肌を温めて毛穴を開かせることで汚れを取りやすくする働きを持っています。

 

角栓の取り方

ブツブツとした気になる角栓は、毛穴に詰まっている状態のため、なかなか取ることが難しいとされていますが、おすすめの角栓の取り方は綿棒にオイルを含ませて角栓に馴染ませる、ピンセットで取る、角栓を取る前に蒸しタオルで毛穴を広げておくなどが挙げられます。

SNSでも綿棒にオイルを含ませて角栓に馴染ませるという方法は話題となりました。綿棒に含ませる成分はホホバオイルやオリーブオイルなど、皮脂に近い天然のものがおすすめです。やり方は簡単で、綿棒にたっぷりのオイルを染みこませて、角栓の気になる部分に塗りこんでいくと角栓がオイルに吸着して、取りやすくなります。

綿棒以外には、ピンセットで取るという方法がありますが、これは事前に蒸しタオルやオイルで予め角栓を柔らかくして浮かせておく必要があります。無理矢理とろうとしてしまうと、肌を傷つけてしまう可能性があります。

角栓は指で押して無理矢理出したり、角栓除去シートを使ったりして取る方法は控えるようにしましょう。

角栓はつい指や爪で取りたくなってしまいますが、これは肌に負担をかけてしまうことから、毛穴を広げてしまうなどのトラブルにも繋がってしまいます。また、角栓除去シートなどで無理に角栓を取ってしまうと、肌に負担が大きくかかってしまうため、控えるようにしましょう。

 

角質や角栓を予防するための対策

・ビタミンC誘導体やセラミドでしっかりと保湿する

角質や角栓を予防するために大切なことは、保湿を行うことです。保湿には、ビタミンC誘導体やセラミドなどの美容成分が効果的です。ビタミンC誘導体は、古い角質をオフする効果を持っており、セラミドは毛穴を引き締める効果や保湿効果を持っています。これらの成分が配合されている化粧品などを積極的に使用することで、角質や角栓の予防に繋げましょう。

 

・生活習慣を整える

生活習慣の乱れは、ストレスにも繋がり、健康にとってもマイナスな影響を及ぼしてしまいます。生活習慣が乱れると、肌の新陳代謝の乱れを起こしてしまい、角質や角栓が溜まりやすくなってしまうことから、角質や角栓が気になる方はまずは生活リズムや睡眠時間の見直しなど生活習慣を整えるところから始めるようにしましょう。

 

まとめ

角質や角栓ができてしまう一番の原因は、生活習慣の乱れであることがわかりました。角質を改善・予防するために重要なことは、自分の肌質に合ったクレンジング剤や洗顔を使用すること、また洗顔を丁寧に行うことです。また、角栓を取るには、綿棒にオイルを含ませて吸着させるのが効果的です。

角質や角栓が気になっている方は、生活習慣の見直しや洗顔の仕方の見直しなどを行い、自信の持てる美しい肌を目指しましょう。